どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

地球上で最も暗い夜空を探し求めた結果,私たちはこの大変面白いパノラマ画像にたどり着いた.このモザイク画像では地平線が 2 つの空に見える天の川銀河 (Milky Way Galaxy) によって挟み込まれている.それぞれの写真は北半球に存在するカナリア諸島 (Canary Islands) ラ・パルマ (La Palma) と南半球の高地に存在するアタカマ砂漠 (Atacama Desert) で撮影された全天画像である.写真家がこの場所を選んだのはラ・パルマのロケ・デ・ロス・ムチャーチョス天文台 (Roque de los Muchachos Obervatory) とチリのパラナル天文台 (Paranal Observatory) で堪能できる暗い夜空を求めたのことであったが,この場所で写真を撮れば天の川銀河の北極点,南極点をそれぞれの天頂付近に持ってくることができるのである.そのため,かすかに広がった銀河面の輝きを山が連なる地平線に配置することができた.そしてその結果として,さらに希薄な S 字を描いた光の帯も北天,南天の夜空を通して完璧になぞることができるようになった.これは太陽系 (solar system) の赤道面に存在するダストが太陽光を散乱して輝いているものである.

  • A quest to find planet Earth's darkest night skies led to this intriguing panorama. In projection, the mosaic view sandwiches the horizons visible in all-sky images taken from the northern hemisphere's Canary Island of La Palma (top) and the south's high Atacama Desert between the two hemispheres of the Milky Way Galaxy. The photographers' choice of locations offered locally dark skies enjoyed by La Palma's Roque de los Muchachos Observatory and Paranal Observatory in Chile. But it also allowed the directions to the Milky Way's north and south galactic poles to be placed near the local zenith. That constrained the faint, diffuse glow of the plane of the Milky Way to the mountainous horizons. As a result, an even fainter S-shaped band of light, sunlight scattered by dust along the solar system's ecliptic plane, can be completely traced through both northern and southern hemisphere night skies.

(画像はリンク先を参照)