読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

オポチュニティ号 (Oppotunity) が火星で見つけたものとは一体何だろうか. 2005 年メリディアニ大地 (Meridiani Planum) にて広大な平地を走行中に地球からやってきた火星走行車両の 1 台が驚くべき発見をした.それは前年度,自身の金属製ヒートシールド (heat shield) を火星への降下中に破棄したポイントに到着したときのことであった.その驚くべき発見とは画像の左下部分に見える岩のことである.この岩は主に高純度の鉄とニッケルから形成されているということが明らかになった.その後ろに見える巨大な円錐系をした物体 ― と右側に見える側面部品 ― はオポチュニティが切り離したヒートシールドの一部である.より小さなシールドの残骸も見つけることができる.科学者たちはこのバスケットボール大の金属“ヒートシールド・ロック (Heat Shield Rock)”が火星で作られたものであるとは考えておらず,むしろ大昔にやってきた金属質隕石ではないかと考えている.あとから考えてみれば,火星の隕石が広大で砂まみれの大地で発見されたという状況は,南極の広大な氷原で地球の隕石が発見されることとよく似ている.この発見によって平均してどれだけの隕石が宇宙から火星に降り注いできたかを推測することができる.

  • What has the Opportunity rover found on Mars? While traversing a vast empty plain in 2005 in Meridiani Planum, one of Earth's rolling robots on Mars found a surprise when visiting the location of its own metallic heat shield discarded last year during descent. The surprise is the rock visible on the lower left, found to be made mostly of dense metals iron and nickel. The large cone-shaped object behind it -- and the flank piece on the right -- are parts of Opportunity's jettisoned heat shield. Smaller shield debris is also visible. Scientists do not think that the basketball-sized metal "Heat Shield Rock" originated on Mars, but rather is likely an ancient metallic meteorite. In hindsight, finding a meteorite in a vast empty dust plain on Mars might be considered similar to Earth meteorites found on the vast empty ice plains of Antarctica. The finding raises speculations about the general abundance of rocks on Mars that have fallen there from outer space.

(画像はリンク先を参照)