読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

どうして小惑星ベスタ (Vesta) の北半球は南半球よりも多くのクレータを抱えているのだろうか?この予期せぬ不可思議な現象はつい数週間前,探査機ドーン (Dawn) が火星と木星の間に存在する小惑星帯 (asteroid belt) の中でも 2 番目に大きな小惑星の周りを周回する初めての人工衛星になってから初めて明らかになったことである.ベスタの北半球は上記の画像では左上に見ることができ,太陽系に存在する天体の中でも極めて密にクレータが存在しているように見える.一方で,南半球は予想外になめらかな表面をしている.ベスタの赤道付近には円を描いている溝が存在している.ベスタが自転している様子を捉えた動画ではっきりと見えるのだが,これがどうして作られたのかについてもまだ明らかにはされていない.さらには,画像中心のすぐ真上に見えるクレータが良い例であるが,いくつかのクレータの輪郭を描く黒い線が一体何なのかについてもわかっていない.ドーンはこれからの数カ月で螺旋を描くようにしてベスタへと接近していく,その過程でいくつかの解答が得られるかもしれない.またより高解像度で多波長の画像も得られるだろう.直径 500 キロメートルのベスタを研究することによって,ベスタの歴史や太陽系 (Solar System) 初期の姿を明らかにするための手がかりが得られることだろう.

  • Why is the northern half of asteroid Vesta more heavily cratered than the south? No one is yet sure. This unexpected mystery has come to light only in the past few weeks since the robotic Dawn mission became the first spacecraft to orbit the second largest object in the asteroid belt between Mars and Jupiter. The northern half of Vesta, seen on the upper left of the above image, appears to show some of the densest cratering in the Solar System, while the southern half is unexpectedly smooth. Also unknown is the origin of grooves that circle the asteroid nears its equator, particularly visible on this Vesta rotation movie, and the nature of dark streaks that delineate some of Vesta's craters, for example the crater just above the the image center. As Dawn spirals in toward Vesta over the coming months, some answers may emerge, as well as higher resolution and color images. Studying 500-km diameter Vesta is yielding clues about its history and the early years of our Solar System.

(画像はリンク先を参照)