読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

星間ダストと星間ガスによってつくられたこの星雲は,星が多く存在するケフェウス座 (Cepheus) の方角 1,300 後年の距離に花咲いている.アイリス星雲 (Iris Nebula) とも呼ばれるこの星雲はカタログ的には NGC 7023 と記録されており,夜空に存在する花を連想させるような星雲の 1 つである.光を吸収するダストと冷たい分子ガスによる雲が周りを取り囲んで存在しており,巻き込まれるような幻想的な造形を示している.アイリス星雲の内部では,ダストを多く含んだ星雲の物質が高温で若い星たちを取り囲んでいる.明るく輝く散光星雲 (reflection nebula) の色は主に青色であり,これは星の光を反射するダスト粒子に特徴的な色である.中心部に存在する星間ダストによるフィラメントはフォトルミネッセンスによるかすかに赤みを帯びた色で輝いている.これはある種のダストが星からの不可視な紫外線を効率良く可視光の赤い光に変換しているためである.赤外線による観測からは,この星雲には多環式芳香族炭化水素 (Polycyclic Aromatic Hydrocarbons; PAHs) として知られる複雑な形状をした炭素分子が存在していることが判明している.アイリス星雲までの推定距離に換算すると,この素晴らしい視野は差し渡し 30 光年以上に相当する.

  • These clouds of interstellar dust and gas have blossomed 1,300 light-years away in the fertile star fields of the constellation Cepheus. Sometimes called the Iris Nebula and dutifully cataloged as NGC 7023, this is not the only nebula in the sky to evoke the imagery of flowers. Surrounding it, obscuring clouds of dust and cold molecular gas are also present and can suggest other convoluted and fantastic shapes. Within the Iris, the dusty nebular material surrounds a hot, young star. The dominant color of the brighter reflection nebula is blue, characteristic of dust grains reflecting starlight. Central filaments of the cosmic dust glow with a faint reddish photoluminescence as some dust grains effectively convert the star's invisible ultraviolet radiation to visible red light. Infrared observations indicate that this nebula may contain complex carbon molecules known as PAHs. At the estimated distance of the Iris Nebula this remarkable wide field view is over 30 light-years across.

(画像はリンク先を参照)