どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

デジタルカメラを三脚に固定して長時間露光を始めてみよう.君も星の軌跡を撮影することができる.地球が地軸の周りを自転することによって星がなぞる同心円の円弧は,時として見慣れた風景を夢のような光景に作り変えてしまう.たとえ撮影中にぐっすり眠ってしまったとしても,驚くべき結果が君を待っているかもしれない.アメリカ合衆国ミシガン州 (Michigan) のハートランド (Hartland) にある自宅の庭にて,とある夏の夜に撮影を開始した写真家マイク・ロシンスキー (Mike Rosinski) は,もともと星の軌跡を撮影するには十分な 45-55 分間の撮影をする予定だった.しかし彼は居眠りしてしまい,気づいたときには 3 時間ばかりが経過しており,カメラがバッテリーを使いきるまで撮影を続けていた.撮影された画像を現像してみると,夜遅くに登ってきた月が窓を輝かせるとともに,予想通り同心円状の素晴らしい星の軌跡が姿を表した.だがそれだけではない,彼が眠りこけていたのは気温の高い夜だったため,黄色い筋が嵐のように画面いっぱいにあふれていたのだ.妖精の仕業?いやいやこれはホタルによるものである.

  • Fix your digital camera to a tripod, start a long series of exposures, and you too can record star trails. The concentric arcs traced by the stars as planet Earth rotates on its axis often produce dreamlike scenes in otherwise familiar situations. Fall asleep, though, and the results might surprise you. Setting up on a summer night, photographer Mike Rosinski began his exposures, initially planning to capture about 45-55 minutes worth of star trails from his yard in Hartland, Michigan, USA. But he dozed, only to awaken some 3 hours later to find his camera had continued to run until the battery died. Composing the resulting images, the graceful concentric star trails were expected, along with light from a late rising Moon glinting on windows. Still, as he slept on the warm night a blizzard of yellow streaks flooded the scene, not left by fairies but fireflies.

(画像はリンク先を参照)