どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

この合成天体写真は 8 月の 2 日に撮影されたもので,ここにはガラード彗星 (Comet Garradd; C/2009 P1) と球状星団 M15 が同じ視野に収められている.この光景は 18 世紀に大変活躍した彗星ハンター,シャルル・メシエ (Charles Messier) にとっても大変価値のあるものになっていたことだろう.メシエが彗星を求めてフランスの空を走査したとき,ぼやけており見た目は彗星のように見えるが,背景の星に対して動いておらず,決して彗星ではない天体の位置を彼は注意深く記録していった. M15 (画像右下) は彼の有名な“彗星ではない”カタログの 15 番目に記録されており,現在ではおよそ 3 万 5000 光年彼方に存在し 10 万個以上の星を内包する星団であることが知られている.この彗星は 2009 年に天文学者 G. J. ガラード (Garradd) (サイディング・スプリング天文台 Siding Spring Observatory, オーストラリア Australia) によって発見されたもので,今はペガスス座 (Pegasus) の領域を掃くように進んでいる.地球からの距離は 13 光分程度である.およそ 9 等級前後でかすかに輝くガラード彗星は今後数カ月でより明るさを増し,ピークを迎える 2012 年の 2 月にはぎりぎり肉眼では見えない程度の明るさまで到達すると予測されている.

  • Recorded on August 2, this telescopic composite image catches Comet Garradd (C/2009 P1) in the same field of view as globular star cluster M15. The celestial scene would have been a rewarding one for influential 18th century comet hunter Charles Messier. While Messier scanned French skies for comets, he carefully cataloged positions of things which might be fuzzy and comet-like in appearance but did not move against the background stars and so were definitely not comets. M15 (lower right), the 15th entry in his famous not-a-comet catalog, is now understood to be a cluster of over 100,000 stars some 35,000 light-years distant. The comet, discovered in August 2009 by astronomer G. J. Garradd (Siding Spring Observatory, Australia) is currently sweeping across the constellation Pegasus, some 13 light-minutes from Earth. Shining faintly around 9th magnitude, comet Garradd will brighten in the coming months, predicted to be just below naked eye visibility near its peak in February 2012.

(画像はリンク先を参照)