読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

砂時計のような形をしたこの惑星状星雲 (planetary nebula) の中心星にとって,時を告げる砂はすべて流れ落ちてしまったようである.核燃料を燃やし尽くしたときに訪れる太陽のような恒星がその一生を終えるこの局面は,一瞬であり華々しい.星の外層が放出された時,この現象は発生する.星の中心核は冷却され,光度を落としていく白色矮星へと移り変わる. 1995 年,天文学者たちはハッブル宇宙望遠鏡 (Hubble Space Telescope; HST) を用いて惑星状星雲の画像を次々に撮影した.この写真はその中の 1 つである.ここには色鮮やかに輝くガス (窒素原子ガス-赤,水素原子ガス-緑,酸素原子ガス-青) によってできた詳細なリング構造が巨大な砂時計の壁面を形作っている. HST によって得られたかつてない解像度の画像はこの星雲の質量放出プロセスの詳細を驚異的なまでに明らかにしてきた.惑星状星雲の複雑な形状,または対称性の高い形状がどのようにして作られるのかという未解決の謎に迫る手助けとなることだろう.

  • The sands of time are running out for the central star of this hourglass-shaped planetary nebula. With its nuclear fuel exhausted, this brief, spectacular, closing phase of a Sun-like star's life occurs as its outer layers are ejected - its core becoming a cooling, fading white dwarf. In 1995, astronomers used the Hubble Space Telescope (HST) to make a series of images of planetary nebulae, including the one above. Here, delicate rings of colorful glowing gas (nitrogen-red, hydrogen-green, and oxygen-blue) outline the tenuous walls of the hourglass. The unprecedented sharpness of the HST images has revealed surprising details of the nebula ejection process that are helping to resolve the outstanding mysteries of the complex shapes and symmetries of planetary nebulas.

(画像はリンク先を参照)