読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

次の標的は木星である.先週は人類の歴史の中でも数少ない出来事が起こった.人類が地球を完全に離れ,二度と戻ってこれないような高速で物体を打ち上げたのである.まあ,大まかに言うと ― 実際,予定ではユノ (Juno) は 2 年間ほどこのあたりをうろうろするような軌道をとる.元気よく疾走し,地球の重力を利用することでより加速するのである.そう,木星にたどり着くまで十分な速度を.上の動画にはユノがアトラスV (Atlas V) ロケットで打ち上げられる様子が記録されている.ユノは 2016 年に木星に到達すると,およそ 1 年強かけて太陽系最大の惑星を周回しながら搭載された専用の装置を用いて木星を精査する.そして木星の構造や起源を探るための手がかりを地球へと送信するのである.その後ユノは,巨大な木星の厚い大気の中へと降下し,融解してしまうまでの間に,できる限りのデータを取得することになっている.

  • Next stop: Jupiter. Last week included one of the few times in history that humanity launched something completely off the Earth, moving away so fast that it will never return. Well, almost -- Juno's planned trajectory actually brings it homeward bound in about two years, zipping by, this time using the Earth's gravity to pull it to an even higher speed, high enough to reach Jupiter. The above video depicts the launch of Juno aboard a Atlas V rocket. When the robotic Juno spacecraft reaches Jupiter in 2016, it will spend just over a year circling the Solar System's largest planet, using its unique cadre of instruments to probe the planet, sending back clues of its structure and origin. Then Juno will be instructed to dive into the thick atmosphere of the Jovian giant, taking as much data as it can before it melts.

(画像はリンク先を参照)