読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

夜明けを迎えつつある雪山と星空を捉えたこの風景写真は先週撮影されたものであり,ここには大変めずらしい光景が写しだされている.この写真では標高 2,600 メートルのセロ・パラナル山 (Cerro Paranal) 上空の澄み切った空が大変特徴的であるが,パラナル上空にいたっては空が澄み切っていることはめずらしくも何ともない.だからこそ,ヨーロッパ南天天文台 (European Southern Observatory) の超大型望遠鏡 VLT (Very Large Telescope) がここに存在しているのだ.現在では軌道上に数多の人工衛星が存在していることを考えると,画像左上で日の出間近の光を受けて人工衛星が輝いているのもそれほどめずらしいこととは言えないだろう.また,流星による長く明るい軌跡も一年のこの時期であればよく見られるものである.画像右端に見られる流星は一年に一度やってくるペルセウス座流星群 (Perseid meteor shower) に属するもので,明日 ( 8 月 12 日の金曜日) にピークを迎えると予想されている.つまるところ,この画像の中で最もめずらしいものは雪そのものなのである.セロ・パラナルは南米のアタカマ砂漠 (Atacama desert) の上にそびえている.ここは地球上で最も乾燥した地域として知られているのだ.

  • Recorded last week, this dawn portrait of snowy mountain and starry sky captures a very rare scenario. The view does feature a pristine sky above the 2,600 meter high mountain Cerro Paranal, but clear skies over Paranal are not at all unusual. That's one reason the mountain is home to the European Southern Observatory's Very Large Telescope. Considering the number of satellites now in orbit, the near sunrise streak of a satellite glinting at the upper left isn't rare either. And the long, bright trail of a meteor can often be spotted this time of year too. The one at the far right is associated with the annual Perseid meteor shower whose peak is expected tomorrow (Friday, August 12). In fact, the rarest aspect of the picture is just the snow. Cerro Paranal rises above South America's Atacama desert, known as the driest place on planet Earth.

(画像はリンク先を参照)