読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

雄大で美しい渦巻銀河 NGC 7331 は天の川銀河 (Milky Way) によく似ていると度々うたわれている.北天のペガスス座 (Pegasus) の領域,およそ 5,000 万光年の距離に存在している NGC 7331 は初期には渦巻星雲 (spiral nebula) として認識されていたが,実際のところ 18 世紀に作られたシャルル・メシエ (Charles Messier) の有名なカタログには含まれていないものの大変明るい銀河である.銀河のディスク面は視線方向に対して傾きを持っているため,望遠鏡を用いて長時間露出した画像は大変奥行きが感じられるものとなる.この鮮明な画像では,このきらびやかな銀河の後ろに散りばめられた銀河たちによって,その効果はより強烈なものに感じられる.背景に見える銀河は見かけの大きさが NGC 7331 の 10 分の 1 程度であり,大雑把にいって 10 倍程度遠くに存在している.夜空の中で背景の銀河たちが NGC 7331 と近接しているのは単に偶然によるものである.群れているように見えるこの銀河たちは,天の川銀河のディスク上面にだらだらとかすかに広がっている前景のダスト雲の向こう側に存在しており,彼らはディア・リック銀河群 (Deer Lick Group) として知られている.

  • Big, beautiful spiral galaxy NGC 7331 is often touted as an analog to our own Milky Way. About 50 million light-years distant in the northern constellation Pegasus, NGC 7331 was recognized early on as a spiral nebula and is actually one of the brighter galaxies not included in Charles Messier's famous 18th century catalog. Since the galaxy's disk is inclined to our line-of-sight, long telescopic exposures often result in an image that evokes a strong sense of depth. The effect is further enhanced in this sharp image by galaxies that lie beyond the gorgeous island universe. The background galaxies are about one tenth the apparent size of NGC 7331 and so lie roughly ten times farther away. Their close alignment on the sky with NGC 7331 occurs just by chance. Seen here through faint foreground dust clouds lingering above the plane of Milky Way, this visual grouping of galaxies is also known as the Deer Lick Group.

(画像はリンク先を参照)