読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

エンデバー・クレータ (Endeavour crater) 周辺,及び内部に存在する現在の地表を調べることで,私たちは古代の火星についてどのようなことを知ることができるのだろうか. NASA は 3 年前にコーヒーテーブル程度の大きさを持つオポチュニティ (Opportunity) というなのロボットを送り出した.彼はエンデバー・クレータを探査するというミッションを遂行するため,赤い惑星のメリディアニ台地 (Meridiani Planum) を駆けていた.そして先週,オポチュニティはついに目的地たどり着いた.広大なエンデバー・クレータは縁から縁まで 22 キロメートルの大きさに広がっており,火星探査機 (Mars Exploration Rover; MER) がこれまで訪れた中でも最大のクレータである.仮説では,このクレータを形成した隕石の衝突によって太古に形成された岩石が露出していると考えられている.この古い岩石はおそらく火星に水があった頃に形成されたと考えられている.そして,もしそうだとすれば,その岩には水を含んだ過去の火星を紐解く特別な手がかりが含まれているかもしれないのだ.上に掲げられた写真にはエンデバー・クレータの西の縁がオポチュニティの前方にそびえている.オポチュニティは残された活動時間をエンデバー・クレータの探査に費やすことになる.写真を撮影し,車輪を回転させ,興味深い岩に穴を開けていくのだ.

  • What can the present-day terrain in and around large Endeavour crater tell us about ancient Mars? Starting three years ago, NASA sent a coffee-table sized robot named Opportunity on a mission rolling across the red planet's Meridiani Planum to find out. Last week, it finally arrived. Expansive Endeavour crater stretches 22 kilometers from rim to rim, making it the largest crater ever visited by a Mars Exploration Rover (MER). It is hypothesized that the impact that created the crater exposed ancient rock that possibly formed under wet conditions, and if so, this rock may yield unique clues to the watery past of Mars. Pictured above, the west rim of Endeavour looms just ahead of the Opportunity rover. Opportunity may well spend the rest of its operational life exploring Endeavour, taking pictures, spinning its wheels, and boring into intriguing rocks.

(画像はリンク先を参照)