読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

地球の住人たちは月明かりに照らされた夜空を見上げながら今年のペルセウス座流星群 (Perseid meteor shower) を見たことだろう.しかし,宇宙飛行士ロン・ガラン (Ron Garan) によって撮られたこの素晴らしい眺めはペルセウスの流星をウエからみおろしている.ガランは高度 380 キロメートルを周回している国際宇宙ステーション (International Space Station) に搭乗しており,そこから眺めると流星群は下に向かって流れていく.スウィフト・タットル彗星 (Swift-Tuttle) が残した塵は熱せられ白熱 (incandescence) しながら一掃されていく.彗星のかけらからなる塵は光を発しながら秒速 60 キロメートルもの速度で高度 100 キロメートルほどに存在する地球の厚い大気の中へと飛び込んでいく.この写真では,写真の中央右側,地球と緑色に色づいた大気層の境界面が弧を描いている部分のすぐ下で,流星が尾をこちらに向けて輝いている.フレームの外側には,写真右上に見える宇宙ステーションのソーラーパネルの奥の地平線上に太陽が存在している.地平線近くに見える流星のすぐ上にはアルクトゥルス (Arcturus) が明るく輝いており,この天域にはうしかい座 (Bootes) ときたかんむり座 (Corona Borealis) も存在している.この写真が撮影されたのは 8 月 13 日のことであり,このとき宇宙ステーションは中国上空,北京の北西およそ 400 キロメートルの地点を通過していた.

  • Denizens of planet Earth watched this year's Perseid meteor shower by looking up into the moonlit night sky. But this remarkable view captured by astronaut Ron Garan looks down on a Perseid meteor. From Garan's perspective onboard the International Space Station orbiting at an altitude of about 380 kilometers, the Perseid meteors streak below, swept up dust left from comet Swift-Tuttle heated to incandescence. The glowing comet dust grains are traveling at about 60 kilometers per second through the denser atmosphere around 100 kilometers above Earth's surface. In this case, the foreshortened meteor flash is right of frame center, below the curving limb of the Earth and a layer of greenish airglow. Out of the frame, the Sun is on the horizon beyond one of the station's solar panel arrays at the upper right. Seen above the meteor near the horizon is bright star Arcturus and a star field that includes the constellations Bootes and Corona Borealis. The image was recorded on August 13 while the space station orbited above an area of China approximately 400 kilometers to the northwest of Beijing.

(画像はリンク先を参照)