どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

天高く飛ぶはくちょう座 (Cygnus) をさまよっている星間雲を赤外線によって捉えたこの目を見張るような光景には,コクーン星雲 (Cocoon Nebula) によって瞳が描かれている.これは IC 5146 としても知られている,ダストを多量に含んだ星形成領域であり,ハーシェル宇宙望遠鏡 (Herschel Space Observatory) によって得られた擬似カラー画像では青色に着色されている.この波長は可視光の赤色に比べて 100 倍以上も長い波長に対応している.可視光で撮影された画像を見ると,コクーン星雲は長く伸びた暗黒星雲であるバーナード 168 (Barnard 168) の終端部分に存在しているが,ハーシェルの赤外線画像で見ると,コクーンはフィラメント状に伸びて輝くガスによる小道の端っこに存在している.フィラメントはある幅を持っており,そこからこのフィラメントが星の爆発によって発生した衝撃波が星間物質中を通過し,履き集めて星間ガスとダストを濃縮した結果形成されたと推測されている.このダストによるフィラメントに沿って星が形成されていることもハーシェルの画像から示唆されている.コクーン星雲自身は 15 光年程度の大きさを持っており,地球からは 4000 光年の距離に存在している.

  • In this remarkable infrared skyscape of interstellar clouds adrift in the high flying constellation Cygnus, the eye is drawn to the Cocoon Nebula. Also known as IC5146, the dusty star forming region is shown in blue hues in the Herschel Space Observatory false color image, at wavelengths more than 100 times longer than visible red light. And while visible light images show the Cocoon nebula at the end of long dark nebula Barnard 168, Hershel's infrared view finds the cosmic Cocoon punctuating a trail of filamentary clouds of glowing dust. The filaments have widths that suggest they are formed as shockwaves from exploding stars travel through the medium, sweeping up and compressing the interstellar dust and gas. Herschel data also indicate stars are forming along the dusty filaments. The Cocoon Nebula itself is about 15 light-years wide and 4,000 light-years away.

(画像はリンク先を参照)