どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

赤青眼鏡を持ちだしてベスタ (4 Vesta) の前に掲げてみよう.ベスタの世界は直径 500 キロメートルであり,火星軌道と木星軌道の間に存在する小惑星帯のなかに存在している.このアナグリフは 7 月の 24 日,ちょうどベスタに到着したばかりである宇宙探査機ドーン (Dawn) に搭載されたフレーミング・カメラによって撮影された 2 枚の画像から構成されている.画像の解像度は 1 ピクセルあたり 500 メートルほどである.立体画像からは新たに明らかにされたベスタの地形がよく写しだされている.例えば,赤道付近に見える長い溝やトラフ,スノーマンと名付けられた画像右上で 3 つつながったクレータなどが挙げられる.立体画像では,クレータの斜面が急な部分において輝度の異なる物質からなる筋を顕著に見ることができる.イオンエンジンで駆動されたドーンはベスタのそばにずっといるというわけではない.ベスタを周回しながら一年間調査を行ったのち,ドーンはセレス (Ceres) に向けて出発する予定である.

  • Get out your red/blue glasses and float next to 4 Vesta. A 500 kilometer diameter world, Vesta lies in the main asteroid belt between the orbits of Mars and Jupiter. This stereo anaglyph was constructed from two separate images recorded on July 24 by the just arrived Dawn spacecraft's framing camera with a resolution of about 500 meters per pixel. The 3D view features Vesta's newly discovered terrain, including long equatorial ridges and troughs and the prominent string of three craters at the upper right dubbed Snowman. Highlighted in 3D, steep sides of many of the craters show streaks of both bright and dark material. Of course, the ion-driven Dawn spacecraft is not marooned off Vesta. After a year exploring the asteroid from orbit, Dawn is scheduled to depart, beginning its journey to Ceres.

(画像はリンク先を参照)