読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

わし星雲 (Eagle Nebula) に見られるダストによる彫刻は現在も蒸発し続けている.強力な星の光によって低温物質による塊が削りとられることによって,この彫刻のような柱は神話に搭乗す獣るたちを想起させる.ここにはわし星雲にそびえたつダストの柱のいくつかが写しだされている.巨大で不思議な姿をした妖精のように視えるかもしれない.だが,この妖精の身長は 10 光年におよび,炎よりもはるかに熱い輻射をまき散らしている. M16 としても知られるわし星雲はさらに大きく,蒸発しつつあるダストとガスからなるシェル構造をしている.内側の空洞部分には散開星団 (open cluster of stars) を形成しつつある星のゆりかごが存在している.科学的に着色を施されたこの画像はハッブル宇宙望遠鏡 (Hubble Space Telescope) の打ち上げから 15 周年を記念して 2005 年に公開されたものである.

  • The dust sculptures of the Eagle Nebula are evaporating. As powerful starlight whittles away these cool cosmic mountains, the statuesque pillars that remain might be imagined as mythical beasts. Pictured above is one of several striking dust pillars of the Eagle Nebula that might be described as a gigantic alien fairy. This fairy, however, is ten light years tall and spews radiation much hotter than common fire. The greater Eagle Nebula, M16, is actually a giant evaporating shell of gas and dust inside of which is a growing cavity filled with a spectacular stellar nursery currently forming an open cluster of stars. The above image in scientifically re-assigned colors was released in 2005 as part of the fifteenth anniversary celebration of the launch of the Hubble Space Telescope.

(画像はリンク先を参照)