どせいたんさき。

ナスダヨー

今日のAPOD

どうしてこの惑星はこんなにも黒いのだろうか?惑星 TrES-2b は光を 1 パーセントも反射しない.そのため,この惑星はこれまで知られているどんな惑星・衛星よりも,さらには石炭よりも黒い姿をしている.木星ほどの大きさを持つ TrES-2b は 750 光年彼方に存在する太陽のような星の周りを密着するように周回している.この天体は 2006 年に大西洋両岸系外惑星サーベイ (Trans-Atlantic Exoplanet Survey; TrES) によって使用されている小型の 10 cm 望遠鏡によってかすかな蝕を生じたことで発見された.だが,この奇妙な惑星が不思議なほど暗いことは,ケプラー衛星 (Kepler) によってかすかな反射光が観測されたことによってつい最近明らかにされたばかりである.ここに示されているのはアーティストが描いた惑星の様子であり,まだ発見されていないが存在するかもしれない衛星も一緒に描かれている.なぜ TrES-2b がこんなにも暗いのかについてはまだ解明されておらず,大変興味深い研究テーマである.

  • Why is this planet so dark? Planet TrES-2b reflects back less than one percent of the light it receives, making it darker than any known planet or moon, darker even than coal. Jupiter-sized TrES-2b orbits extremely close to a sun-like star 750 light years away, and was discovered producing slight eclipses in 2006 using the modest 10-cm telescopes of the Trans-Atlantic Exoplanet Survey (TrES). The alien world's strange darkness, however, was only uncovered recently by observations indicating its slight reflective glow by the Sun-orbiting Kepler satellite. An artist's drawing of planet is shown above, complete with unsubstantiated speculation on possible moons. Reasons for TrES-2b's darkness remain unknown and are an active topic of research.

(画像はリンク先を参照)