どせいたんさき。

ナスダヨー

Ubuntu12.10 に gnuplot と octave をインストール

gnuplotoctaveUbuntu 12.10 にインストールする.

両方ともパッケージとして公開されているけども今回は自分でコンパイルしてインストールする.パッケージとして提供されている gnuplotreadline がシェルと同じ設定になってくれないので少々使いづらい.また octave は様々な関数パッケージが octave-forge で公開されているけど,古いバージョンの octave ではそれらのパッケージを使えないことがしばしばある.というわけで自前でコンパイルする.

gnuplot

octavegnuplot の使用を前提にしているのでこちらを先にインストールする.ソースコードオフィシャルサイトからダウンロード.適当な場所に解凍しておく.今回は最新版の gnuplot-4.6 をインストールする.

sudo apt-get install libreadline6-dev
sudo apt-get install libgd2-xpm-dev libpango1.0-dev
sudo apt-get install libcairo2-dev libwxgtk2.8-dev 

configure のオプションは以下の通り.

./configure --with-readline=gnu --with-x 
make -j 4
sudo make install

octave

octave の機能をフルに使用するためにはいろいろとライブラリをインストールする必要がある.ソースコードオフィシャルサイトからダウンロード & 適当な場所に解凍.今回は最新版の octave-3.6.3 をインストールする.

sudo apt-get install libqhull-dev libfftw3-dev libmagick++-dev
sudo apt-get install libqrupdate-dev libgraphicsmagick++1-dev 
sudo apt-get install libglpk-dev libcurl4-gnutls-dev freeglut3-dev
sudo apt-get install libblas-dev liblapack-dev libatlas-dev 
sudo apt-get install libarpack2-dev libsparskit-dev libsuitesparse-dev
sudo apt-get install gfortran texi2html texinfo

configure のオプションは以下の通り.

./configure --enable-readline --enable-openmp
make -j 4
sudo make install