どせいたんさき。

ナスダヨー

「ビッグデータ・オープンデータ活用推進協議会」の先行きが不安

千葉市長の熊谷氏による発言

発端はこのツイートですね

Twitter / kumagai_chiba: 武雄市の樋渡市長、奈良市の仲川市長、福岡市の高島市長とともに ...

プライバシーについて認識が浅い人がメンバーに入っているという点で不安がありますね.まぁビッグデータとして何を想定しているのかもまだ全然わからないですし,きっと春頃にアイディアコンテストの概要が告知されると思うのでそれまで正座して待ちます.

千葉市長の熊谷氏はツイッター上でクレーマーをボッコボコにしていたことで一時期有名でしたが,素行が大変アレな某武雄市長とのからみがどうなるのか気になります.

更に気になる

@keikuma さんが熊谷市長に以下の発言をふっかけました.

Twitter / keikuma: @kumagai_chiba ...

そこでこの返答ですよ.

Twitter / kumagai_chiba: @keikuma アンケートを生で公開することなんてありえな ...

Twitter / kumagai_chiba: @keikuma アンケートをしている以上、集計したものがあ ...

後の発言を見れば一目瞭然ですが @keikuma さんは「アンケートをスキャンして公開すること」について全く賛同していません.上記発言はプライバシーに関して熊谷市長がどのような考え方持っているか確認するような意図があったのだと思います.

ちなみに「アンケートをスキャンして公開すること」には元ネタがあって,実際に佐賀県武雄市で実施されプライバシーに関する認識が甘いということで問題になりました.

なんとなくですが,熊谷市長はこれが武雄市に関する事例だということを理解した上で『アンケートを生で公開するなんてありえない』と言い切ったと思います.おそらく「メンバーに樋渡市長がいるけどプライバシーに関しては妥協しません」というパフォーマンスです.実際の推進協議会においてもプライバシー保護に問題があるような事例に関してきっぱりと「ありえない」と言い切って欲しいと思います.