読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

apache から rsh をたたいてサーバに仕事をさせるための設定

目的

GAMESS というソフトウェアを研究室のサーバ (CentOS) にインストールしている.これを WebMO というブラウザ上で動作するインターフェースで操作したい.ただし GAMESS はマルチコアで計算させようとすると内部的に rshssh で自分自身にログインしてコマンドを実行するようになっている.そのため,自分自身には認証なしでログインできるようにしたい.セキュリティ面で問題があるかもしれないが,このサーバは外から接続できないので大丈夫だろうということにして,とりあえず rsh を採用する.

解決方法

黒ぶちメガネのLinuxサーバ構築まとめrsh設定を参考に設定した.すでに rsh-server はインストールされていたので以下の手順で rsh を起動した.

# 以下 root での作業
/sbin/chkconfig rsh on
/sbin/chkconfig xinetd on
/etc/rc.d/init.d/xinetd start

nano /etc/hosts.equiv # localhost を追加
echo rsh >> /etc/securetty

これで一般のユーザが自分自身に rsh を使用することができるようになった.しかし目的の WebMO からの操作を実現するためには apache から rsh を使えるようにする必要がある.どうやら apache ユーザにデフォルトのシェルが設定されておらずログインできないことが原因のようである.とりあえず /etc/passwd を書き換えて apache もログインできるように設定した.

nano /etc/passwd # apache の /sbin/nologin を /bin/bash に変更

関係ないけど Corannulene を計算させてみた結果がちょっとかっこよかったので画像をぺたり.