読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どせいたんさき。

ナスダヨー

グラフに μ を書くときに {/Symbol m} よりは {\265} を使いたい

目的

gnuplot で例えば軸のラベルに µm を使いたい.

問題

ここでは terminal を postscript に指定するとする.この状態で {/Symbol m} を使ってしまうとフォントがマッチしないことが多々ある.それは当然のことでこの書き方は「Symbol という名前のフォントを使う」と設定しているので,地の文とは違うフォントが使われる.しかし,大体のフォントは自身の“µ”を持っているのでそれを使ったほうが見た目が揃って気持ちがよい(個人的感想).

解決方法

set encoding iso_8859_1 を指定して {\265}文字コードで指定すればそのフォントの µ が出力される.末尾の画像は以下のようなスクリプトを元にして {/Symbol m}{\265}m の表示の違いを比較したものである.

set term post eps enh font ",14" size 8cm,4cm
set output "hoge.eps"
unset border; unset xtics; unset ytics;
set xr [0:1]; set yr [0:1];
set lmargin 2; set bmargin 1;

set encoding iso # iso だけで指定可能

set label 1 "URWBookmanL-Ligh {/Symbol m}m vs. {\265}m" \
font "URWBookmanL-Ligh,24" left at 0,0 offset 0,1
set label 2 "URWGothicL-Book {/Symbol m}m vs. {\265}m" \
font "URWGothicL-Book,24" left at 0,0 offset 0,4
set label 3 "URWPalladioL-Roma {/Symbol m}m vs. {\265}m" \
font "URWPalladioL-Roma,24" left at 0,0 offset 0,7
set label 4 "URWChanceryL-MediItal {/Symbol m}m vs. {\265}m" \
font "URWChanceryL-MediItal,24" left at 0,0 offset 0,10
set label 5 "NimbusSanL-Bold {/Symbol m}m vs. {\265}m" \
font "NimbusSanL-Bold,24" left at 0,0 offset 0,13

plot -1 notitle
unset output

なおフォントは Ubuntu 12.04 の環境で /usr/share/ghostscript/current/Resource/Font/ に入っているものを利用した.図の左側が {/Symbol m} を利用したもので右側が {\265}m を利用したものである.ボールド体を使ったときなどは {/Symbol m} でフォントを指定してしまうと若干ちぐはぐした印象になる(個人的感想).